VOCAL SCHOOL
TOKYO / NAGOYA / FUKUOKA

  • お問い合わせ
  • MENU

無料体験レッスンはお電話、または下記ボタンの
メールフォームよりご予約いただけます。
ご予約以外でもお気軽にお問い合わせください。

閉じる

KNOWLEDGEボーカル・ボイストレーニングの知識

不器用でもOK?ピアノで弾き語りができるようになるテクニック

ピアノ弾き語りができたら良いな、と思ったことはありませんか?
不器用な方でも弾き語りができるようになるテクニックやコツをいくつか紹介します。


■楽譜やコードがあれば弾き語りは始められる!


(1)弾き語りを始めるには


「弾き語り」は楽器を弾きながら歌うことです。
手と口がそれぞれ別々の動きをしているので「難しそう」「始めるのが大変そう」というイメージがあるのではないでしょうか。
確かに簡単ではありません。
しかし、楽譜やコード譜を手元に準備さえできれば、誰でも弾き語りを始めることができます。

(2)楽譜とコードの違い


楽譜とは、楽曲を拍子記号や音符などで表現したものです。
コード譜と比べると音程やメロディーをイメージしやすいのですが、理解するためには事前に多くの知識を身に付けておく必要があります。
ある程度は勉強しなければなりませんが、聴いたことがない音楽であっても楽譜を読むことでメロディーやリズムが分かるのは、音楽をやるうえで大きなメリットです。
そしてコードとは、2音以上の音が同時に鳴ったときに生み出される音の響きのことです。
日本語で訳すと「和音」になります。
音の組み合わせによっていくつものコードが存在していて、そのコードの組み合わせがコード進行といわれるものです。
コード進行は、伴奏のガイドラインのようなものです。
心地よい和音の組み合わせはある程度決まっているので、ヒット曲にはある特定のコード進行が多く用いられていることが多いです。
基本となるコードを10個程覚えたら、あとはコード譜に沿って鍵盤を抑えれば、ヒット曲の伴奏のガイドラインが弾けてしまいます。
譜面を一から学ぶより、コードを覚える方が時間はかかりませんので、手っ取り早く弾き語りをしてみたいのならばコードを覚えることをおすすめします。

(3)楽譜はどうやって手に入れる?

入手方法は書店で探して購入することもできますが、ネットで購入するのが手軽で簡単です。 おすすめサイトはヤマハ「ぷりんと楽譜」です。 https://www.print-gakufu.com/ 実際に演奏している動画から楽譜を探すことができます。 1曲単位108円から購入可能で、購入した楽譜はPDFデータとして手に入ります。

(4)コードはどうやって手に入れる?

こちらもネットで探すことをおすすめします。 色々なサイトがありますが、「楽器.me」では約5万曲のコードが無料で公開されています。 http://gakufu.gakki.me/ ピアノコードを一覧で表示したり、曲を見ながらコードを自動スクロールさせる機能もあります。 ※サイト運営会社が独自に解析したコードですので、必ずしも作曲者の意図するコードと一致するものではありません。


■弾き語り初心者は順番が大事!


ピアノ弾き語りに挑戦するには、歌とピアノを同時にできるようにならなくてはなりません。
歌、ピアノ、どちらから練習するべきなのか、もしくは両方を同時に練習するべきなのか。。
もし、迷ったのであれば、以下に練習のコツを記載したので参考にしてみて下さい。

(1)練習に行き詰まったら、とにかくピアノ演奏に集中

とにかくピアノ演奏を練習して下さい。 ピアノ演奏が安定すると、同時に歌うときのタイミングをつかみやすくなります。

(2)ピアノ演奏が安定したら

歌詞を歌うのではなく、鼻歌や「ラララ」などで歌いながらピアノを弾いてみて下さい。 まずは演奏と歌声のリズムを合わせることが重要です。

(3)演奏と歌声のリズムが合ってきたら

演奏と歌声のリズムが合うようになってきたら、歌詞を歌いながらピアノを弾いてみて下さい。歌詞の単語一音一音にこだわりすぎると演奏と合わなくなってきてしまうことがあるので、まずは流れを意識して歌ってみて下さい。


■1人だからこそ求められる!リズムキープとボーカル力


(1)リズムキープ


弾き語りで重要になるのが「リズム」です。
最も大事で、最も難しいポイントでもあります。
弾き語りとは、奏でる全ての音を自分一人で作り出す作業、と言い換えることもできます。
自分のリズムやテンポを軸としながら、演奏して歌えるので、演奏しやすい、歌いやすいのは間違いありません。
しかしながら、そのリズムやテンポが良くないと、演奏と歌の全てが悪くなって、聴いていて不快な曲や歌になってしまいます。
そこで、リズム感を鍛えるために、メトロノームを使った練習方法をおすすめします。
わざわざ購入しなくても、音量は小さいですがスマホのアプリでもメトロノームはあります。
練習の際は、メトロノームに合わせて演奏するのではなく、自分のリズムが適正か確認するためにメトロノームを使う、という感覚で練習して下さい。
何度も練習して正確なリズムが体に馴染んできたら、本番でメトロノームが無くても普段通りに正確に演奏することができるようになるはずです。


(2)ボーカル力


ベースやドラムの音が混ざるバンドと違って、弾き語りは楽器1つのみです。
ですから、当然のことながらバンドのボーカルよりも、弾き語りのボーカルの方が歌が際立ちます。
楽器が1つだけですから、弾き語りのボーカルはドラムやベースのリズムに頼ったり、勢いに任せるごまかしはできません。
歌に自信がなければボイストレーニングを受講してみることをおすすめします。ボイトレ教室でプロのインストラクターにボイストレーニングしてもらうことが、歌の上達の早道です。大抵の教室が無料の体験レッスンをやっていますので、気軽にまずは行ってみるのもいいかもしれません。


■頼まれたら断れない!結婚式やパーティーで人気の曲


(1)結婚式やパーティーで弾き語りをしてみる


結婚式は一生の思い出に残る素敵なイベントです。
大切な人への気持ちを、ピアノやギターの優しい音色と歌を通して伝えることができたら、喜んでくれること間違いありません。


(2)結婚式やパーティーで人気の曲


・愛をこめて花束を(Superfly)
自分の素直な気持ちを、相手に素直に伝えることの素晴らしさを感じることができる楽曲です。
男性が歌うとなると音域が少しだけ高いので、半音から全音下げると歌いやすいです。

・糸(中島みゆき)
数々のアーティストがカバーをしている名曲です。
じっくりと歌詞を見て本当の意味を知ると、さらに曲の深みが増すのがこの曲の良いところです。
難易度は高めですが、アルペジオで弾き語りができると感動すること間違いなしです。

・君の知らない物語(supercell)
アニメ「化物語」の主題歌です。
歌詞の世界として片思いの描写が色濃く出ていますが、前を向いて歩いていく決意がしっかりと表現されているので、これから結婚する夫婦に向けた曲としても捉えることができます。

ひまわりの約束(秦基博)
映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌です。
アコースティックなミディアムテンポの曲で、歌詞や曲の雰囲気は結婚式に合うと思います。しかし、2番の歌詞に「離れて」というワードが出てくるので、細かいところが気になる人は避けた方が良いかもしれません。


■あの曲に挑戦したい!弾き語りおすすめ曲の難易度


洋楽、ボカロ、ジャズといった特殊なジャンルの弾き語りおすすめ曲をご紹介します。

(1)洋楽編

日本語ではないというだけで難易度が高くなりますが、洋楽が好きな人は挑戦してみて下さい。

初心者向け
・HERO(マライア・キャリー)
・ホールニューワールド(Alan Menken)

中級者向け
・トップオブザワールド(The carpenters)
・アメイジンググレイス(イギリス民謡)

上級者向け
・We Are Never Ever Getting Back Together(Taylor Swift)
・美女と野獣(Alan Menken)
・THE ROSE(Bette Midler)


(2)ボカロ編


意外と思われるかもしれませんが、ボカロ曲を弾き語りしたいという需要は多くて楽譜も多数販売されています。
デジタルなサウンドだからこそ、あえて生音で再現すると、その曲の違った魅力を引き出せるところが人気の理由かもしれません。
・千本桜(黒うさP feat.初音ミク)
・メルト / supercell feat.初音ミク
・マトリョシカ / ハチ feat.初音ミク・メグッポイド
・Tell Your World / livetune feat.初音ミク


(3)ジャズ編


どうアレンジされるかにもよりますが、どの曲も難易度は高いです。しかしながら、ジャズはかっこいい曲、おしゃれな曲が多いので、弾けると周りの目線は釘付けになります。
・Don't Know Why (ノラジョーンズ)
・Lovin' You(ミニーリパートン)
・星に願いを(ジャズアレンジ)
・Fly me to the moon(ジャズアレンジ)


ピアノ弾き語りのテクニックやコツをいくつかご紹介しました。
弾き語りはあなた自身が主役ですから、慣れてきたら自由に演奏して下さい。
音楽の魅力は譜面上ではなく、その譜面をどう解釈して自分なりに表現するか、にあります。
弾き語りを通して、楽しみながら自分の表現が見つかっていくことを祈っています。