VOCAL SCHOOL
TOKYO / NAGOYA / FUKUOKA

  • お問い合わせ
  • MENU

無料体験レッスンはお電話、または下記ボタンの
メールフォームよりご予約いただけます。
ご予約以外でもお気軽にお問い合わせください。

無料体験レッスン予約24H受付可能|45分間の個人レッスン

閉じる

KNOWLEDGEボーカル・ボイストレーニングの知識

質の高いボイストレーニングが習える良いボーカルスクールを選ぶポイント

お友だちに「どこか良いボーカルスクール知ってる?」と聞いても答えられる人はあまりいないと思います。理由はかんたんです。お友だちはボーカルスクール に通った経験が無いからです。でも、「どこか美味しいパスタのお店知ってる?」と聞いたらすぐに教えてくれるはずです。それは色々なパスタのお店に行った ことがあるからです。一般の方でボーカルスクールに通った経験のある方は少数派です。ですから、良いスクールはどこかという情報をお友だちから得ることは 難しいのです。ですから、皆さんはボーカルスクールの良し悪しを判断できる基準を持っていないのです。

image_02-.jpg

ではこの判断基準を持っていない皆さんがどうやってスクールを探しているかといえばネット検索です。スマホやPCで「ボーカルスクール」とか「ボイスト レーニング」というキーワードで検索した結果からタイトルや紹介文を見て気になったボーカルスクールのホームページをチェックします。次に、ホームページ を見た中から気に入ったスクールの体験レッスンを何校か受けてその中から何となく入校を決めている方がおそらく大半です。しかし、ここで気をつけて欲しい ことは、検索順位がボーカルスクールの良し悪しを決める順位では絶対にありません。単純に検索エンジンのアルゴリズムによって順位が決められているだけで すから注意してください。検索結果1ページ目の1番上のボーカスクールが一番良いスクールということではありませんから慎重に探しましょう。

top_vocal_image2.jpg

このような探し方や選び方からなんとなく気に入って入校したスクールがたまたま運良くあなたにフィッティングするスクールで あればラッキーですが、あなたにとってアンラッキーなスクールの可能性も十分あります。内容の良くないスクールでは上達できませんから、はっきり言って時間とお金の無駄となります。最初のパスタの話に例えるなら、美味しいお店もあれば、美味しく 無いお店もあるのと同じです。食事をする時に美味しいお店を選ぶように、せっかくスクールに通うのであれば良いレッスンを受けられるスクールを選びましょう。これから良いボーカルスクール選びのポイントをお話ししますからぜひ参考にしてください。

top_vocal_image3.jpg
 

レッスンを受ける目的を考えましょう

あなたがボーカルスクールに通う目的をはっきりさせてください。例えば、「音痴を直したい。」「もっとカラオケが上手くなりたい。」「ライブに出てみた い。」「歌手デビューしたい!」「弾き語りをしたい。」「オリジナルを作りたい。」「DTMを学びたい。」「歌と楽器を習いたい。」など、さまざまな理由 が考えられますし、一つでは無いこともあります。

今はもっと歌が上手くなりたいけれど、いずれ楽器の弾き語りも出来るようになって、オリジナル曲でライブにも出てみたいといったときに、そのスクールがあなたの目的に対応できるのかということです。 自分の目的をしっかり把握することによって、ボーカルスクールを選ぶ基準がハッキリします。このように、レッスンに通う目的と、できれば半年先や1年先のことも自分の中で明確にすることによって、ボーカルスクールを選ぶ基準ができるのです。

無料だからといって体験レッスンを数多く受けてもスクールを選ぶ 基準が無ければ、どこを選べば良いのか分からず迷うだけです。


体験レッスンでのチェックポイント


①腹式呼吸や基本的な発声方法を教えてくれるか。
→歌の基本は発声です。基本となる発声を教えないスクールは入校を控えましょう。

②レッスンルームの音響機材と防音状態をチェックすること。
→レッスンルームにピアノが無かったり、カラオケ(音源)の再生機材がラジカセのような音響設備だっ  たらそのスクールは入校を控えましょう。レッスンルームの音が外に漏れる防音設備のスクールも  良いレッスン環境とは言えません。

③講師が楽器(ピアノ)を弾きながらレッスンを行うか。
→カラオケだけ使ってレッスンを行う講師(ボイストレーナー)はピアノが弾けない可能性があります。   ピアノで伴奏できない講師がいるスクールは絶対に止めましょう。

④あなたの歌に対する課題を的確に指摘できるか必ず確認してください。 自分の歌に感じている課題(声がこもる、高音で力が入るなど)担当講師が的確に指摘できるかどう か確認しましょう。
→優秀なボイストレーナーならワンコーラス聴いただけで課題を指摘できます。 あなたの歌をほめるだけで、課題を指摘しないスクールはおすすめできません。

⑤歌や音楽的な質問に的確に答えてくれるか。
→歌や音楽で、あなたが分からないことや疑問に感じていることを講師に質問してみましょう。的確に   答えられないスクールはおすすめできません。
※ボイストレーナーの質だけでは無く、レッスン環境やスタジオ設備も大切なチェックポイントです。


近くて安いからという理由でボーカルスクールを決めないこと。

ボイストレーニングを受ける目的が、カラオケが上手くなりたいという理由でも、プロ志望ならなおさらのこと、家や職場から近いとか、レッスン料金が安いか らという理由で選ぶことは大きな間違いです。コンビニやスーパーで買い物をするような感覚ではいけません。結局は大切な時間とお金の無駄遣いとなります。 失敗しないためにも、このアドバイスをぜひ参考にしていただきながらボーカルスクールを選んでください。


プロやデビューを目指す方がチェックする項目とは。


やはり大切なことは、プロを目指す生徒さんを育成できるレッスン内容、レッスン環境、デビューチャンス、デビュー実績です。さらにプラスすると、大手レ コード会社や音楽プロダクションとのコネクションが数多くあることです。これらがしっかり整っているスクールを探してください。どこよりも質の高いレッス ンが受けられて、デビューチャンスとデビュー実績が数多くあるボーカルスクールを選びましょう。


妥協しないで、納得してから入校すること。

体験レッスンを受けてなんとなくここで良いかなと感じたからとか、キャンペーンが魅力的だったからというような理由で入校することは止めましょう。フィーリングも時には大切ですが、慎重に良く考えて納得してから入校しましょう。



スクール全体の雰囲気も大切です。

無料体験レッスンに行った時のスタッフの印象や、電話応対もチェックしてください。


以上のことを参考にしていただいて、あなたに最適なボーカルスクールに合えるといいですね。