VOCAL SCHOOL
TOKYO / NAGOYA / FUKUOKA

  • お問い合わせ
  • MENU

無料体験レッスンはお電話、または下記ボタンの
メールフォームよりご予約いただけます。
ご予約以外でもお気軽にお問い合わせください。

閉じる

KNOWLEDGEボーカル・ボイストレーニングの知識

【ボイストレーニング】歌う前のストレッチで声が出る体にしよう

6a5a274c810d6455e08fb7c3381ce7f4_s.jpg


-はじめに
歌う前にストレッチをしていますか?
スポーツ選手でも運動する前には必ず準備体操をします。
歌う時にはもちろん、ボイストレーニングする前にも必ずするようにして下さい。
歌うために必要な筋肉が刺激されて声を出しやすくしてくれます。
ボイトレの効果も変わってきます。
良い歌声を披露するためにも、喉を故障させないためにも準備はとても重要です。


■体を温めておくと声を出しやすくなる効果が!


体温は血流の速度と言い換えることができますので、体温が低いということは血流が悪いといえます。
血流が悪いと赤血球がうまく運ばれないので、本来の声は出ません。
元気な声が出ないので自信もなくなって気分も上がりません。
さらに体温が低いと呼吸も浅くなります。
呼吸が浅いと本来の声が出ないので悪循環となります。
ゆっくりじっくりと体を温めて、いい刺激を送ることで身体に備わった力が発揮出来るようになります。


■まずは、体のストレッチ


(1)股関節ストレッチ


股関節を柔らかくすることで声が出やすくなります。
声を支えているのは下腹部や腰回りで、その周辺を安定させて重心をとることができるとより大きな声を出すことができるようになります。


(2)首のストレッチ


首をゆっくり回します。
首を左右に倒して筋を伸ばします。
首を上に上げてあごの下やのどの筋をほぐします。


(3)顔の筋肉のストレッチ


顔の筋肉が緊張していると声が震えてしまうことがあります。
頬と口角のリフトアップが重要です。
口の形を「ウ」にした後、笑顔の「イ」の形にします。
これを何度も繰り返します。


(4)表情筋ストレッチ


声音は表情筋で作られています。
表情筋を鍛えることで色々な声を表現できるようになります。
瞬間的に顔に力を入れたり抜いたり、上下左右に顔のパーツを寄せてみたりして下さい。


(5)舌根のストレッチ


舌の奥を伸ばして滑舌を良くします。
舌を出して舌の奥を伸ばします。
口をゆっくり大きく開けてさらに伸ばします。


(6)ジャンプで脱力


体に力が入りすぎていると声がうまく出ないので、全身の力を抜くために脱力しながらジャンプします。
重心が下に行くように意識して全ての力を抜いて下に向かって追い出していくようなイメージを持つと良いでしょう。


■最も大事な、声帯周りのストレッチ


(1)ハミング


眉間に当てるイメージで声を出すと鼻腔共鳴が起きてさらに大きな音を出すことができるようになります。
口を閉じて鼻に当てるイメージで声を出してハミングをして下さい。


(2)リップトリル


唇を閉じた状態で空気を出して唇をブルブルと振るわせます。
適度に唇の力を抜くことができないと上手くできないストレッチなので、唇の力を抜いてリラックスするのにおすすめです。
一定の空気を吐き続けることで肺活量のトレーニングにもなります。


(3)舌のストレッチ


滑舌は舌の状態に大きく左右されます。
舌を出し入れしたり円を描くように回してストレッチをすることで、滑舌が良くなって聞き取りやすい発音で発声ができるようになります。


(4)深呼吸


緊張時には呼吸が浅くなってしまうので、必然的に肺活量が下がってしまいます。
息が声を作るので、息が足りなくなると良い発声はできません。
自分が吸い切ったり、吐き切ったと思うところよりもさらに吸ったり吐いたりする深呼吸をしてみてください。


■お腹周りも念入りにほぐす


(1)お腹の筋肉のストレッチ


頭の上に両手を伸ばしたまま右へゆっくり傾けます。
呼吸を止めずにゆっくり行います。
そのままの状態で深呼吸を3~5回ほど繰り返します。


(2)お腹の横の筋肉のストレッチ


両手をしっかり伸ばしたまま呼吸を止めずに身体を左側へ倒します。
3~5回ほど深呼吸を繰り返します。


(3)お腹の筋肉のストレッチ仕上げ


ゆっくり起き上がってお腹の後ろで手を組みます。
そして、深呼吸をしながら前屈して腕を大きく持ち上げて行きます。
そのままの状態で3~5回ほど深呼吸を繰り返します。
背中が大きく開いて膝の裏側がしっかり伸びるのを意識しましょう。
ゆっくり起き上がって片足ずつアキレス腱を伸ばします。
身体を落ち着かせて呼吸を整えます。


-終わりに
歌うということは運動と同じく身体を使う事です。
スポーツの準備体操と同様に、歌を歌う前やボイストレーニングの前には必ずストレッチをして声を出す準備をしましょう。
身体を温め、緊張をほぐして呼吸を整え、身体に刺激を与えることで、歌うことを身体が意識してくれます。
その効果として、高音が歌いやすくなったり、声のコントロールがしやすくなったりします。
声の響きが良くなったり、体がリラックスする事で精神的にも落ち着くので、良い歌声を披露することができるのです。