VOCAL SCHOOL
TOKYO / NAGOYA / FUKUOKA

  • お問い合わせ
  • MENU

無料体験レッスンはお電話、または下記ボタンの
メールフォームよりご予約いただけます。
ご予約以外でもお気軽にお問い合わせください。

閉じる

KNOWLEDGEボーカル・ボイストレーニングの知識

【超絶簡単】ギター初心者に難関の「F」を避けた曲だけ大特集!

ギター初心者が挫折する理由として一番多いのが「F」コードといわれています。
ギターを手に取り、ギターの魅力を知るチャンスを得たのにも関わらず、「F」で諦めてしまっては非常にもったいないです。
「F」を避けてもギターを楽しめる方法をいくつか紹介します。


■ギター初心者を悩ます「F」の壁


(1)「F」が壁になる理由


ギター初心者の最大の壁とも言える「F」コード。
なぜ壁なのか、その理由は特殊な押さえ方にあります。
1フレットを人差し指で6弦~1弦まで押さえます。
「1本の指で全ての弦を押さえる」まずこれが初心者には難しいです。
そして、5弦3フレットを薬指、4弦3フレットを小指、3弦2フレットを中指で押さえます。
全部の指を使うので、「F」コードは押さえるのが難しく、音も上手く出づらいので壁といえます。


(2)「F」コードを押さえられない理由


押さえられない理由を「手が小さいから」、「指の力がないから」と考える人もいます。
しかし、手の大きさや指の力に関わらず、押さえるコツさえつかめると、誰でも押さえることができるようになります。
ただし、練習は必要です。
それでも、どうしても押さえられない、という人には、「省略形」のF、というのもありますので安心して下さい。


■たった3コードで弾ける曲


押さえるコードは3つでOK。
弾けるコードが少なくても、楽しめる曲は意外とあります。
邦楽と洋楽それぞれ5曲ずつ紹介します。


(1)邦楽


1.明日があるさ(坂本 九)
2.RUN(長渕 剛)
3.日曜日よりの使者(↑THE HIGH-LOWS↓)
4.どうでもよすぎ(ウルフルズ)
5.リライト(ASIAN KUNG-FU GENERATION)


(2)洋楽


1.Twist and Shout (The Beatles)
2.Tumbling Dice (The Rolling Stones)
3.Mr. Tambourine man (Bob Dylan)
4.Johnny B. Goode(Chuck Berry)
5.Beverly Hills (Weezer)


■簡単なのにカッコイイ曲!もちろん「F」無し!


練習において何よりも大切なのは、楽しんで練習できるかどうか、ということです。
初心者最大の壁「F」無しで、初心者でも楽しく弾ける曲を紹介します。

(1)邦楽

とんぼ(長渕剛) Dragon Night(SEKAI NO OWARI) 真夏の通り雨(宇多田ヒカル) passage(山崎まさよし) ところで(ゆず) タイムマシンにおねがい(サディスティック・ミカ・バンド)

(2)洋楽

スタンド・バイ・ミー(ベン・E・キング) ヘイ・ジュード(THE BEATLES) I've Got A Feeling(THE BEATLES)


■コードを上手く押さえるポイントと覚え方


(1)コードを上手く押さえるポイント


1.フレット寄りを押さえる
押弦は、フレット寄りを押さえます。
指によって、フレットのすぐ横を押さえるのが難しいこともあります。
「なるべく」フレット寄りを押さえる、という意識で押弦するといいです。
ナット寄りの位置で押さえてしまうと、弦がフレットに当たらずビリビリという音が出てしまいます。


2.指を立てる
指を指板に対して立てる意識で押さえます。
指を寝かした状態では、高音側の弦に触れてしまうことがあります。
指が弦に触れると、当然その音は出ないので注意が必要です。


3.親指の位置に注意
親指をネックの上に出して握ると押さえやすい、ということもあります。
それとは逆に、裏側からネックを支えるように親指を下げたほうが、押さえやすい場合もあります。


4.難関セーハを攻略する


1本の指で複数の弦を同時に押さえることを「セーハ」、もしくは「バレー」といいます。

<セーハのコツ>
・指の側面を使う
人差指のハラでまっすぐ押さえるのではなく、親指側の側面で弦を押さえるイメージです。
・押さえる弦に集中する
Fは人差指で全弦をセーハしますが、実際に人差指で音を鳴らすのは1・2・6弦のみです。
中指・薬指・小指で押弦する3~5弦のことは気にせず、1・2・6弦のみに集中して押さえます。

(2)コードの覚え方

覚え方には難易度別に3つ方法があります。 1.一番簡単な覚え方 「似ているコードをまとめて覚える」です。 色々なコードを押さえていると、指の形が似ているコードがあることが分かります。 似ている形同士なので、覚えるのは簡単です。 あとは、この似ている押さえ方でコードチェンジの練習をすれば、効率よく練習できます。


2.難易度が低く比較的簡単な覚え方
「コードネームを基準に覚える」です。
コードネームを基準に覚えると、コードに付随してくる「~マイナー」「~セブンス」などの音が、どのように変化するのかを直感的に覚えることができるというメリットがあります。
この違いが理解できようになると、耳も鍛えることができるのでギターアレンジや作曲にも役に立ちます。


3.難しい覚え方
「バレーコードの型から覚える」です。
バレーコードは、人差し指などの1本の指を寝かせて複数の弦を同時に押さえるコードのことです。
この覚え方は難しいですが、いくつかのパターンを覚えてしまえば、ほぼ全てのコードが押さえられてしまうというメリットがあります。


■「F」は無いけど。慣れてきたら挑戦したい曲


(1)千本桜(黒うさP)


ボーカロイドの曲に挑戦。
ボーカロイドの曲の中でも代表格なのが「千本桜」です。
コード進行が非常にシンプルで、初心者の方にもおすすめできます。
ほとんどパワーコードなので、形さえ覚えればあとはフレットを動かすだけで演奏できます。
ボーカロイドを弾き語りしている人はあまりいないので、驚かれますし目立ちます。


(2)僕らは今のなかで(μ's)


アニソンに挑戦。
テレビアニメ「ラブライブ!」第1期オープニングテーマとして起用されたアニソンです。
原曲とは違った雰囲気をどれだけ出せるかは、ギターアレンジにかかっています。
ボーカロイドと同様にアニソンを弾き語りする人もあまりいないので、特別感を出せるでしょう。


--終わりに
ギターは知れば知るほど奥深いです。
コード進行もありとあらゆるパターンの組み合わせがあって、それによって表現される世界が全く変わります。
「F」コードができなくても、避けて楽しむ方法はたくさんあります。
少しずつ「F」の克服に挑戦しつつ、引き続きギターを楽しんで下さい。