VOCAL SCHOOL
TOKYO / NAGOYA / FUKUOKA

  • お問い合わせ
  • MENU

無料体験レッスンはお電話、または下記ボタンの
メールフォームよりご予約いただけます。
ご予約以外でもお気軽にお問い合わせください。

閉じる

KNOWLEDGEボーカル・ボイストレーニングの知識

意外と難しい!ギターボーカルのコツ|ボーカルスクールVOAT

3667498_s.jpg


--はじめに


ギターやベース、ピアノなど世の中にはたくさんの楽器がありますが、楽器を弾きながら歌えたら楽しいですよね。今日はその中でも、ギターボーカルのコツをご紹介していきます。


■ ギターボーカルとは


ギター弾き語りとギターボーカルの違いに着目しご説明します。


(1) ギター弾き語り


弾き語りは、「一人で全ての役目を兼ねる」。言い換えると、「一人でバンドになる」ということです。弾き語りをするときは、「ベース、パーカッション、ハーモニー」の3つをギター1本で出さなければなりません。ギターにはベースを担う弦があり、パーカッションのようにストロークをします。そしてコードは和音ですのでハーモニーとなります。この3つを同時に意識することで、弾き語りはバンドになるのです。一人で全て行うので、抑揚も自分次第です。


(2) ギターボーカル


ギターボーカルは、大きく分けて2種類あります。一つはギターが2人以上いるバンドでリードギターはギタリストに任せ、あくまで音の厚みを加えるために歌いながらコード弾きやリズムを刻むカッティングに専念するパターンです。もう一つはスリーピースバンドに多い、ギターボーカルがリードギターを弾きながら歌うパターンです。前者の場合は、「ギターも弾けるボーカル」。後者の場合は、「ギターボーカル」というよりは、「歌えるギタリスト」という表現が合っているかもしれません。


■ ギターボーカルの練習方法と上達のコツ


ギターボーカルは慣れてしまえば難しくありませんが、それでもギターを弾きながら歌えるようになるためには、ある程度の時間がかかります。ここでは練習のコツをご紹介します。


(1)ギターがしっかり弾けているかを確認する


まずは、ギターがしっかり弾けているか確認しましょう。当たり前ですが、ギターを弾くだけで精一杯の状態では、歌いながら弾くなんて絶対にできません。


・リズムに合わせてストロークができているか
・コードチェンジはスムーズに行えているか


を確認しましょう。また、ギターボーカルはマイクに向かって歌わなければならないので、ギターの手元をあまり見ることができません。前を向いたままでもコードを押さえられるように練習しておきましょう。


(2)歌詞を暗記する


ギターが弾けるようになったら、次は歌をきちんと歌えるようにしましょう。そのためには、最低限歌詞をしっかり覚えておくことが大切です。歌詞を見ながらでは、読むことばかりに気をとられ、肝心のギターや歌がおろそかになってしまいます。


(3) ギターと歌を同時にやってみる


ギターと歌がそれぞれ上達したら、早速ギターを弾きながら歌う練習をしてみましょう。まずは、一通り挑戦した後、間違えやすい部分を重点的に練習することをおすすめします。曲本来のテンポで上手くできないときは、テンポをゆっくりにして練習してみましょう。できるようになったら徐々にテンポを戻し、本来のテンポで練習します。


■ ギターボーカルにおすすめのギター


ギターボーカルがまず考えるべきギター選びのポイントは2点あります。
まず1点目は「バンド全体のバランス」です。癖のある音を出すギターを選んでしまうと、バンドの音がおかしくなってしまう可能性があります。そして2点目は「ギターの重さ」です。重いものを選んでしまうと、ストラップを通して肩にものすごく負担がかかり、猫背気味になってしまうために、ボーカリストの命である「声」が出にくくなってしまいます。では、どのようなギターが向いているのか、いくつかおすすめのギターをご紹介します。


(1) Fender ストラトキャスター


ギターのスタンダードとも言える「ストラト型」のギターで、バッキングのギターからリードギターまで幅広く利用できる懐の深さがポイントです。エフェクターによって様々な音が作り出せますし、ボーカルが弾くバッキング用としてもとてもバランスがいいです。価格は、日本製だと5万円~。アメリカ製だと10万円程度~となります。どちらを選ぶのかは迷うところですが、必ず楽器店に行って音を出してみましょう。


(2) ポールリードスミス(PRS)


以前はこのギターは何十万円もした高級ギターですが「SE」というリーズナブルなモデルであれば10万円以下で購入することができます。PRSのいいところはパワーがあるところです。ストラトキャスターは「シングルコイル」と呼ばれるピックアップ(ギターの音を拾うマイクのこと)を載せていますが、PRSは「ハムバッカー」と呼ばれる、ギブソンレスポールと同じ種類のピックアップですので、レスポールが重くて断念していた人には特におすすめです。


■ ギターボーカルがかっこいいバンド


(1)スピッツ


「チェリー」「空も飛べるはず」など、数多くのヒット曲で知られるスピッツの草野マサムネさんもギターボーカルです。透明感のある伸びやかな歌声で、性別・年代問わず幅広くファンがいます。弾き語りでカバーする人も多く、初心者向けのアレンジもされています。ヒット曲は爽やかでキャッチーな曲が多いですが、アルバムの中にはロック調のかっこいい曲も多いです。


(2)BUMP OF CHICKEN


「バンプ」と略され、芸能人や著名人にも熱狂的なファンが多い「BUMP OF CHICKEN」の藤原基央さんもギターボーカルです。優しく耳に馴染む素朴な歌声は、多くのファンを虜にしています。「天体観測」など誰もが知っている名曲はもちろん、それ以外の曲もそれぞれ完成度が高く、どのアルバムもクオリティーが高いのでおすすめです。


(3) back number


幅広い世代に人気のスリーピースバンド「back number」の清水依与吏さんもギターボーカルです。すべての楽曲の作詞・作曲を担当し、back numberのキーマンとも言える存在です。楽曲はドラマや映画のタイアップも多く、切なげな声と人々の共感を得る歌詞が人気のポイントです。2018年7月29日よりバンドとしては史上初となる単独3大ドームツアー「dome tour 2018 "stay with you"」を、名古屋・東京・大阪にて敢行しました。


--終わりに


さて、ギターボーカルのコツをご紹介しましたがいかがでしたか?
慣れるまではある程度の時間が必要ですが、楽器を弾きながら歌えたら今まで以上に楽しくなると思います。是非参考にしてみてください。

多数のメジャーデビュー実績を誇るVOATボーカルスクール

体験レッスンがオンラインでも受けられます!

LINeで予約する
LINEで予約する【24時間受付可能】

ご希望の店舗を選択し「友だちを追加」後、体験レッスンをお気軽にお申込み頂けます。

WEBで予約する
WEBで予約する【24時間受付可能】

下記ボタンより申込フォームにお進みください。必要事項を入力していただき、お申込みいただけます。

電話で予約する
電話で予約する

体験レッスンを受けたい校舎や希望日時をお電話にてお伝えください。わからないことなどあれば、お気軽にお電話ください。

オンライン無料体験レッスンから
入校の流れ
STEP1
体験ご予約
オンライン予約

体験レッスン予約フォーム or LINEから希望日時を指定してご予約ください。空き状況を確認してVOATスタッフから折り返しの連絡をさせていただきます。

STEP2
オンライン環境の確認
オンライン環境の確認

ご不安な方は事前にオンラインの環境をスタッフが確認させていただきますのでご安心ください。

STEP3
オンライン
レッスン開始
オンラインレッスン開始

レッスンの希望や悩みなどをお聞かせください。あなたの目標や目的に合わせたレッスンを提供。

STEP4
入 校
入校

レッスン終了後はスタッフがオンラインにて丁寧にスクール説明。気に入っていただけたらそのままオンラインで入校手続きができます。WEB入校ページより手続きをお願いいたします。